ピックアップ

大津町「心の癒し」日帰りバスツアー【第2弾】 報告

2017年8月6日(日)
ツアーバス
第1弾「氷川きよしコンサート観劇と宮崎青島の旅」に引き続き、8月4日(金)【第2弾】「志村けん一座「バカ殿」観劇と福岡の旅」を実施しました。
大津町「心の癒し」日帰りバスツアー【第2弾】 報告

 

第1弾「氷川きよしコンサート観劇と宮崎青島の旅」に引き続き、8月4日(金)【第2弾】「志村けん一座「バカ殿」観劇と福岡の旅」を実施しました。

参加者は約20人程で、小さいお子さんからご年配の方まで参加してくださいました。

出発は9時半の予定でしたが、早く志村けんを見たいのか皆さんの集まりが早く定刻よりも早く出発し、まずは第1目的地の「博多はねや総本家」へ、ここでちょっと早い昼飯とお買物。

 

車内食事風景2

行きの車内です。

子どもたちは、早くつかないなぁ~~っと。

昼食の様子です。

割とごちそうでしたよ。


 そして、いざ目的地である福岡サンパレスホテル&ホールへ。途中渋滞に巻き込まれ、開演(13時)の10分ほど前に会場入り。(企画者としては、焦ってしまいました。)

福岡サンパレスホールは約2300席で9割程度埋まっていたようです。安くない観劇料金にもかかわらず、流石!志村けんと言ったところですね。

 

ホールで1ホールで2ホールで3
席について、今か今かと待ってます。子どもだけではなく、老若男女楽しめた内容でした。早く始まらないかなぁ~!


上演は、テレビでお馴染みの「バカ殿様」からのスタート、幕が上がりバカ殿様が出てきたときには、観客席は最高潮。その後、途中30分の休憩を挟んで、「志村けん三味線独奏」などなどがありました。ただ、2幕目の「松竹新喜劇」は小さな子どもにはちょっと難しかったみたいですが、最後にお決まりの変なおじさん出てきて、子ども達の大歓声で幕を閉じました。

ほぼ予定通り4時半頃福岡を後にして、約2時間の帰路につきました。

岐路では、参加してくれた子どもたちが笑顔を見せてくれて、今回の観劇が楽しかったことを感じさせてくれました。

 
虹
大津へ帰り着いたら、こんなきれいな虹がお出迎えしてくれました。

肥後おおづ観光協会では、今後も町民の皆さんに参加していただく、イベントやツアーなどを企画していきたいと思っております。その時は是非ご参加をお待ちしております。

 

 

 

 

最終更新日[2017年8月6日]
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。